交通事故に強い弁護士

相談する際のポイント

弁護士に相談するメリット

こんにちは。調査員のともにゃんです。

このページでは、「交通事故加害者としては、どのタイミングで弁護士に相談するのがベストか」を調査し、報告しています。

交通事故加害者が弁護士に相談するベストなタイミングは!?

大変だー!交通事故を起こしてしまった。相手の人にけがを負わせてしまった。どうしよう…。
交通事故加害者の弁護士への相談は、早ければ早いほどよいです。解決の糸口が見つかりやすいので。
事故から日にちが経ってしまいましたが、今でもまだ間に合いますか?先生助けてください!

交通事故を起こしてしまった場合、弁護士に相談するのは早ければ早いほどよい。

その理由としては、

① 相談が早い方が解決の糸口が見つかりやすい。
② 相談が早くても遅くても相談料は同じ。
③ 相談が早ければ民事事件と刑事事件を同時に解決できる可能性がある。

などが挙げられる。

交通事故の加害者は、民事責任として損害賠償責任を、刑事責任として刑事罰を受けることになる。弁護士に相談するのが事故の直後であれば、弁護士としても民事の側面と刑事の側面で同時に活動し、トラブルを一挙に解決できる。

(まとめ表)
 民事責任刑事責任
責任の内容損害賠償責任刑事罰
デメリットお金を失う刑罰を受ける
前科がつく

※事故の直後に弁護士に相談すれば、民事事件と刑事事件を同時に解決できる可能性があります。その場合、弁護士費用も2倍ではなく同額で済むことも多いのです。

どの弁護士に相談するのがよい!?

いま交通事故を取り扱っている弁護士を探していたんですが、数が多すぎてよく分からなくなりました。
まずは地元専門性の高い弁護士を探すのが一番だよ。事件を依頼する際は、連絡が簡単かも大切だね。
なるほど、近場なら相談しやすいですもんね!

最近は弁護士の数も増えて、どの弁護士に相談したらよいかがよく分からないという人も多い。

その場合、まず大切なのは、地元の弁護士かどうかという点である。少なくとも同じ都道府県に事務所がある弁護士であれば安心だ。

交通事故の加害者は、民事責任や刑事責任という人生の一大事を弁護士に相談することになる。やはり、何か緊急事態が生じた時にすぐ相談できる場所に弁護士がいることは非常に大切だ。

また、もちろん専門性も重要になってくる。交通事故の加害者側の弁護活動をこれまで数多くやってきた弁護士であれば安心だろう。これは公開されているホームページなどで過去の実績をチェックすればある程度の判別が可能だ。

また、事件を依頼した後は、コミュニケーション不足で不満をもつ依頼者が多い。事件依頼後は弁護士の携帯電話に直接電話できるか聞いてみよう。

(まとめ表)
 良い弁護士悪い弁護士
地域地元に事務所がある遠くにしか事務所がない
専門性加害者弁護の経験が豊富交通事故弁護の経験が浅い
連絡手段携帯電話などでこまめに連絡が取れる事務所・事務員にしか電話できない

※良い弁護士かどうかは、事務所が相談に適した場所にあるか、加害者弁護の経験が豊富で専門性があるか、携帯電話などで連絡をこまめにとれるかにより見分けることができます。

弁護士に相談する際の注意点は!?

地元に交通事故加害者専門の弁護士先生を見つけました!相談に行く前に準備しておくことはありますか?
現状を紙に整理して持っていくと、弁護士としては助かります。相談時間も短縮できてお得ですよ。
事故の時の状況を紙に整理していたら、ノート10冊分くらいになってしまったのですが…

弁護士との法律相談は有料の場合も多く、相談時間を有効に使うためには、事前に事故の状況などを紙に整理しておく方がよい。

弁護士としても、事故の状況を正確に把握できれば、より正しい回答が期待できるし、相談者としても、2時間の相談を1時間にできれば、相談料が半額になるので、この点はお得と言える。

もちろん、準備なしで相談に行っても、弁護士は一応の回答はしてくれる。ただ、実際はどのような弁護士がどのように回答してくれるかは分からない部分も多いので、相談の前には事故状況の整理等しっかりと準備をしたいところだ。

(まとめ表)

  良い弁護士 悪い弁護士
態度 親身 他人事
反応 提案型 受身形

※良い弁護士は「親身」であなたのトラブル解決に対して色々な「提案」をしてくれます。ただ、すべての弁護士が良いわけではありません。悪い弁護士に当たった場合も、相談に向けて最低限の準備を整えておけば、一応の回答を引き出せることができます。


全国/24時間/無料相談予約

今すぐ電話をかける

LINE

無料相談