交通事故に強い弁護士

加害者請求に必要な書類

加害者請求とは

こんにちは。調査員のともにゃんです。

このページでは「損害賠償金を自賠責保険に対して加害者請求するのに必要な書類」について調査した結果を報告しています。

自賠責の加害者請求に必要な書類は!?

大変っす!自賠責保険に加害者請求をしたいんですけど、そのために必要な書類が何もわかりません!!やばい!!!
加害者請求には主に交通事故証明書,被害者の診断書,印鑑証明などの書類が必要となります。
あー、、なるほど、、、
知らない間に全部集めているようでした。

加害者請求とは、被害者の方に賠償金を支払った後に、その金額を自賠責保険会社に加害者側から保険金を請求することを言う。

なので、加害者請求をするためには原則として加害者と被害者の間で示談が成立していることが必要だ。

そのため、任意保険に加入していなくて、その交通事故問題を早くに済ませたい場合には、示談交渉を弁護士に依頼することがオススメだ!

依頼することで、示談がスムーズに進むほかに、支払わなければならない賠償金も専門的知識と日ごろからの示談交渉技術により個人一人で示談するよりも少ない金額にしてもらえるだろう!

また、自賠責保険に請求するのに必要な書類は被害者請求か加害者請求かで変わるのはもちろんのこと、その事故が一般的な傷害事故か後遺障害を伴う傷害事故か或いは死亡事故かでも変わってくる。

必要書類が全く分からない場合にも、自賠責保険会社に連絡することでその事故や加害者に見合った必要書類を教えてもらえるので、いざという時は確認しよう。

(まとめ表)
 傷害事故死亡事故
自賠責保険支払請求書必要
交通事故証明書必要
診療報酬明細書必要必要なし
看護費用領収書必要必要なし
戸籍・除籍謄本必要なし必要

※これらの書類は最低限必要なものであり、事故の規模や被害者の怪我の具合などによっては他にも看護料領収書や示談書も必要なります。

加害者請求の必要書類はどこで手に入れることができる!?

加害者請求に必要な書類はなんとなくわかったのですが、それをどこで集めたらいいのか全くわかりません!
書類によって入手できる場所が異なりますが、主に病院や自動車安全運転センター、市区町村役所などで発行されています。
なるほど、ということは実家の近くの役所まで行かなくてはいけないんですね。

加害者請求の必要書類は、さまざまな場所で発行されているため、全てを集めるのには大変な労力が必要となる。

例えば、医師の診断書や診療報酬明細書は被害者が通った病院で,事故発生状況報告書は警察で,交通事故証明書は自動車安全運転センターで貰うことになる。

しかし、任意保険会社に加入又は弁護士に依頼することで面倒な必要書類の殆どを代理人として集めてもらえるそうだ。

(まとめ表)≪任意保険会社に加入していない場合≫
 交通事故証明書医師の診断書印鑑証明
発行元自動車安全運転センター病院等市区町村役所
弁護士に依頼代理取得が可能

※弁護士は任意代理人として、依頼者の方から委任状をいただくことで、交通事故の加害者請求をするのに必要な書類の殆どを代理で集めることができます。なお、医療関係の書類を入手するためには、被害者の同意書が必要になります。

※弁護士は任意代理人として、依頼者の方から委任状をいただくことで、交通事故の加害者請求をするのに必要な書類の殆どを代理で集めることができます。なお、医療関係の書類を入手するためには、被害者の同意書が必要になります。


全国/24時間/無料相談予約

今すぐ電話をかける

LINE

無料相談