罰金、示談、刑事処分でお困りなら

岡野武志

岡野武志
岡野武志(おかのたけし)

日米の実社会で揉まれて得た
圧倒的な行動力と、タフな精神力が、
他の弁護士にはない私の強みです。

所属事務所 アトム法律事務所
所属弁護士会 第二東京弁護士会
登録番号 37890
出身 大阪府
学歴 Beasley School of Law at Temple University (LL.M. Programs) 修了
趣味 筋トレ、トライアスロン
座右の銘 退路を断つ
メディア出演 NHK「ニュースウォッチ9」 フジテレビ「ノンストップ!」 テレビ朝日「モーニングバード!」「やじうまプラス」 読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」「たかじんのそこまで言って委員会」 TBSテレビ「スパモク!!」「Nスタ」 テレビ東京「現場の3分間 その時、あなたはどう動く?」「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」TOKYO MXテレビ「5時に夢中!」 毎日新聞 日経ビジネスアソシエ 他多数
法律監修 NHK「聖女」 テレビ朝日「相棒season13」 フジテレビ「鬼女」 フジテレビ「夏樹静子サスペンス 光る崖」 フジテレビ「絶対零度~未解決事件特命捜査~」 フジテレビ「素直になれなくて」 日本テレビ「35歳の高校生」 映画「漫才ギャング」 ほか多数
岡野武志

自己紹介

弁護士の岡野武志です。高校卒業後、日米でのフリーター生活を経て、司法試験に合格し、アトム法律事務所を創業しました。 18歳で高校を卒業し、28歳で司法試験に合格するまで、バーテンダー、各種工事の現場作業員、人材派遣コーディネーターなど、数々の仕事を経験したことが今の仕事の下地となっています。 日米の実社会で揉まれて得た圧倒的な行動力とタフな精神力が、他の弁護士にはない私の強みです。

岡野武志

刑事事件弁護への想い

刑事事件の被疑者となってしまいお困りの方へ。 突然のことで困惑していることと思います。まずは刑事事件や刑事裁判の流れを知るためにも、私たちの主催する無料相談をご利用ください。無料相談を受ける中で、示談での解決や不起訴で済む方法が見つかるかもしれません。また、弁護士の選び方や弁護士費用の計算方法についても、無料相談の中でお伝えすることができます。刑事事件の解決はタイミングが大切です。お気軽にご相談ください。

弁護士紹介

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

交通事故加害者側のよくある相談

交通事故の加害者側でお悩みなら

無料相談から解決の流れ

交通事故は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話ください。 家族が逮捕中の方は相談無料です。

交通事故の解決は時間との勝負とよく言われます。それは、①交通事故を起こしてから刑事処分が決まるまでの期間はおよそ半年のケースが多く、この期間内に十分な弁護活動を尽くす必要があるからです。②また、時間が経過するほど、被害者の処罰感情が悪化するケースが多く、謝罪や賠償、示談の話し合いは早い段階から丁寧に進めていく必要があるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいことは間違いありません。起訴後よりも起訴前、検察庁呼出し後よりも呼出し前にご相談されることをお勧めします。そのほうが、私たち弁護士としても、より効果的で実効性のある解決策をご提案しやすいからです。

無料相談をご希望の方は、LINE無料相談のサービスをご利用ください。ご家族が逮捕されている方であれば、弁護士との対面相談も相談料は無料です。

法律相談においては、弁護士から交通事故の加害者側の立場に立った解決策の提案や回答を行います。これまで交通事故の加害者側の案件を数多く取り扱ってきたアトムであれば、通常の弁護士と比べて、より加害者の立場に寄り添った親身丁寧な対応が可能と考えております。

相談後は、ご依頼前に弁護士費用の見積もりを受け取ることができるため、費用対効果を考えながら慎重に弁護士選びを進めることができます。交通事故の加害者弁護に強いアトムなら24時間365日、専属のスタッフが相談ご予約の電話をお待ちしております。いつでもお気軽にお電話ください。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

交通事故加害者側のよくある相談

交通事故の加害者側でお悩みなら

無料相談から解決の流れ

交通事故は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話ください。 家族が逮捕中の方は相談無料です。

交通事故の解決は時間との勝負とよく言われます。それは、①交通事故を起こしてから刑事処分が決まるまでの期間はおよそ半年のケースが多く、この期間内に十分な弁護活動を尽くす必要があるからです。②また、時間が経過するほど、被害者の処罰感情が悪化するケースが多く、謝罪や賠償、示談の話し合いは早い段階から丁寧に進めていく必要があるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいことは間違いありません。起訴後よりも起訴前、検察庁呼出し後よりも呼出し前にご相談されることをお勧めします。そのほうが、私たち弁護士としても、より効果的で実効性のある解決策をご提案しやすいからです。

無料相談をご希望の方は、LINE無料相談のサービスをご利用ください。ご家族が逮捕されている方であれば、弁護士との対面相談も相談料は無料です。

法律相談においては、弁護士から交通事故の加害者側の立場に立った解決策の提案や回答を行います。これまで交通事故の加害者側の案件を数多く取り扱ってきたアトムであれば、通常の弁護士と比べて、より加害者の立場に寄り添った親身丁寧な対応が可能と考えております。

相談後は、ご依頼前に弁護士費用の見積もりを受け取ることができるため、費用対効果を考えながら慎重に弁護士選びを進めることができます。交通事故の加害者側を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属のスタッフが相談ご予約の電話をお待ちしております。いつでもお気軽にお電話ください。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

© 2015 - Takeshi Okano
アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)