罰金、示談、刑事処分でお困りなら
  • HOME »
  • 交通事故加害者が弁護士に相談するメリットとは?

交通事故加害者が弁護士に相談するメリットとは?

岡野武志(弁護士、アトム法律事務所弁護士法人代表社員)

弁護士に相談するメリットは

  • 交通事故加害者が弁護士に相談するメリットは何ですか?

車社会化の進んだ現代において、日常生活の中で自動車を運転する以上、誰でも交通事故の加害者になってしまうリスクを抱えています。

不幸にも交通事故を起こして加害者になってしまったという場合でも、もう心配する必要はありません。交通事故の弁護活動に強い弁護士に相談すれば、あなたの不安を大幅に緩和することができます。

重大な交通事故を起こしてしまったり、飲酒運転をしていたりした場合、単なる交通事故であっても逮捕・勾留されてしまう可能性があります。

警察署の留置場生活は、予想以上に過酷であり、警察官の取調べでも孤独な状況に追いやられます。そのような状況下では、事実よりも不利な供述調書が作成されてしまうリスクがあります。

弁護士に相談すれば、取調べ対策のためのアドバイスを受けることができ、過度に不利な供述調書を作成されないで済むため、刑事手続が有利に進む可能性が高まります。

事故直後から弁護士に相談しておけば、今後の捜査の見込みを的確に把握することができ、この先どうなるか分からないといった不安や悩みを解消することができます。

事故の内容に応じて、被害者との示談や賠償、嘆願書取得に向けた活動が刑事処分に及ぼす影響を理解できます。これにより、不起訴獲得や、刑事裁判回避執行猶予獲得を目指すための具体的な対策の必要性を把握することができます。

一人で孤独に悩むのではなく、実績と経験・ノウハウの豊富な弁護士に、少しでも早く相談することをお勧めします。

(まとめ表)
弁護士に相談 自力で対応
逮捕・勾留時の取調べ対策 過度に不利な供述調書を作成されずに済む 警察のなすがまま
刑事手続の見込み把握 捜査の動きや、刑事処分の見込みを理解できる この先どうなるのか分からず不安
刑事処分に向けた対策 被害者との示談やその他の対策の必要性を理解できる 対策を打てずなされるがまま

  • 無料相談はできますか?

ご家族が重大な交通事故や飲酒運転での事故を起こしてしまい、逮捕・勾留されている場合、弁護士との対面での相談は無料とさせていただいています。

逮捕・勾留で身柄拘束されている場合、弁護士への相談の緊急性が高く、早急に弁護活動を開始すべき必要性が高いからです。

また、逮捕・勾留にまでは至らない交通事故の場合でも、無料通信アプリLINEを利用した弁護士相談は24時間体制無料で受付させていただいています。

交通事故加害者の刑事事件は時間との勝負です。ぜひアトム法律事務所の無料相談を活用し、今後の刑事手続に向けた対策に役立ててください。

(まとめ表)
ご家族が逮捕・勾留されている場合 弁護士との面談での法律相談が無料
その他の場合 LINEでの弁護士相談は無料

  • 電話相談はできますか?

アトム法律事務所のフリーコールは相談予約受付専用の電話番号となっております。そのため、電話でのご相談をお受けすることはできません。

法律相談をご希望の方は、全国に所在する事務所までご来所いただくか、LINEでの無料相談サービスをご利用ください。

  • 交通事故加害者に対する相談対応に関するアトム法律事務所の強みは何ですか?

アトム法律事務所は、開設当初から全国対応刑事事件を専門的に取り扱っており、無罪・不起訴獲得実績が豊富です。

豊富な実績に基づき刑事処分に関する多数のデータベースを独自に構築しておりますので、過去の実例から刑事手続の見込みや対策を的確に把握した上で、迅速かつ適切な刑事弁護サービスを提供することができます。

2015年以降、刑事事件にからむ民事トラブルの取り扱いも開始しており、なかでも交通事故トラブルは重点的取り扱い分野となっております。

交通事故の加害者になってしまったという場合、ぜひ実績豊富なアトム法律事務所までご相談ください。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

交通事故加害者側のよくある相談

交通事故の加害者側でお悩みなら

無料相談から解決の流れ

交通事故は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話ください。 家族が逮捕中の方は相談無料です。

交通事故の解決は時間との勝負とよく言われます。それは、①交通事故を起こしてから刑事処分が決まるまでの期間はおよそ半年のケースが多く、この期間内に十分な弁護活動を尽くす必要があるからです。②また、時間が経過するほど、被害者の処罰感情が悪化するケースが多く、謝罪や賠償、示談の話し合いは早い段階から丁寧に進めていく必要があるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいことは間違いありません。起訴後よりも起訴前、検察庁呼出し後よりも呼出し前にご相談されることをお勧めします。そのほうが、私たち弁護士としても、より効果的で実効性のある解決策をご提案しやすいからです。

無料相談をご希望の方は、LINE無料相談のサービスをご利用ください。ご家族が逮捕されている方であれば、弁護士との対面相談も相談料は無料です。

法律相談においては、弁護士から交通事故の加害者側の立場に立った解決策の提案や回答を行います。これまで交通事故の加害者側の案件を数多く取り扱ってきたアトムであれば、通常の弁護士と比べて、より加害者の立場に寄り添った親身丁寧な対応が可能と考えております。

相談後は、ご依頼前に弁護士費用の見積もりを受け取ることができるため、費用対効果を考えながら慎重に弁護士選びを進めることができます。交通事故の加害者弁護に強いアトムなら24時間365日、専属のスタッフが相談ご予約の電話をお待ちしております。いつでもお気軽にお電話ください。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

交通事故加害者側のよくある相談

交通事故の加害者側でお悩みなら

無料相談から解決の流れ

交通事故は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話ください。 家族が逮捕中の方は相談無料です。

交通事故の解決は時間との勝負とよく言われます。それは、①交通事故を起こしてから刑事処分が決まるまでの期間はおよそ半年のケースが多く、この期間内に十分な弁護活動を尽くす必要があるからです。②また、時間が経過するほど、被害者の処罰感情が悪化するケースが多く、謝罪や賠償、示談の話し合いは早い段階から丁寧に進めていく必要があるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいことは間違いありません。起訴後よりも起訴前、検察庁呼出し後よりも呼出し前にご相談されることをお勧めします。そのほうが、私たち弁護士としても、より効果的で実効性のある解決策をご提案しやすいからです。

無料相談をご希望の方は、LINE無料相談のサービスをご利用ください。ご家族が逮捕されている方であれば、弁護士との対面相談も相談料は無料です。

法律相談においては、弁護士から交通事故の加害者側の立場に立った解決策の提案や回答を行います。これまで交通事故の加害者側の案件を数多く取り扱ってきたアトムであれば、通常の弁護士と比べて、より加害者の立場に寄り添った親身丁寧な対応が可能と考えております。

相談後は、ご依頼前に弁護士費用の見積もりを受け取ることができるため、費用対効果を考えながら慎重に弁護士選びを進めることができます。交通事故の加害者側を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属のスタッフが相談ご予約の電話をお待ちしております。いつでもお気軽にお電話ください。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

© 2015 - Takeshi Okano
アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)