罰金、示談、刑事処分でお困りなら
  • HOME »
  • 示談金の相場は?

示談金の相場は?


加害者側の示談とは

こんにちは。調査員のともにゃんです。

このページでは「交通事故の加害者側が支払う示談金の相場」について調査した結果を報告しています。

加害者が支払う示談金の相場は!?

交通事故の加害者が支払う示談金の相場は決まっていますか?そもそも示談金って何ですか?
示談金とは、示談を成立させる際に支払うお金をいいます。相場はある程度決まっています。
なるほど。では、基本的には、相場程度の示談金を支払って示談を成立させるケースが多いということですね。

示談金とは、示談が成立する際に支払ったお金をいう。示談とは、当事者間の債権債務関係を清算する行為をいい、通常は、損害賠償金全額が支払われることを前提に成立することが多い。

もっとも、当事者の事情によっては、法律的に認められる損害賠償金よりも、示談金が安くなるケース、示談金が高くなるケースがある。

交通事故の加害者の場合は、対人無制限の自動車保険に加入している限り、示談金の金額はあまり気にする必要はない。実際に示談金を支払うのは、加害者ではなく保険会社だからだ。

自動車保険に加入していなかった場合は、示談金の金額は大きな問題だ。

無保険の場合は自分で示談金を支払うことになるので、「示談金を安くしたい」という気持ちがある反面、刑事処罰を軽くする観点からは、「相場より多めに支払ってでも確実に示談を成立させたい」いう気持ちがあるかもしれない。

両者のバランスをとって上手に示談を成立させることが大切だ。

例えば、不注意で死亡事故を起こしてしまった時の損害賠償の額はどうやって決まるのですか?
本人の慰謝料と家族の慰謝料、それに本人死亡による逸失利益を合わせた額がおおよその金額になります。

慰謝料の金額や、逸失利益の金額は、裁判実務で固まった一定の計算式を用いて算出される。

例えば、逸失利益に関しては、本人の年間収入額から年間生活費を差し引き、それにライプニッツ係数をかけて算出することになっている。

35歳独身男性で年収が600万円だった場合は、4740万円程度の逸失利益が見込まれ、これに慰謝料等を加えた7000〜7500万円程度が損害賠償額になる。

交通事故の加害者としては、民事裁判になれば、これらの損害について賠償義務を負うことになるので大変だ。

自動車保険に加入していなかった場合は、弁護士をつけない限り、この点について自分で被害者対応していく必要がある。

この点、保険に入っていなくても、弁護士をつければ、示談金が適正額におさまるように弁護士の方で活動し、民事裁判をストップできるケースも多い。

(まとめ表)
財産的損害 積極損害 治療費
交通費
葬儀費用
車両修繕費
消極損害 休業損害
逸失利益
休車補償
精神的損害 入通院慰謝料
後遺障害慰謝料
死亡慰謝料
※交通事故の損害賠償額は、これらの損害をすべて合計した金額になります。損害賠償額と示談金額は同じになることが多いです。

示談金が相場よりも高くなる場合は!?

被害者の方から多めの示談金を請求されるのではないかと不安です。示談金が高くなるのはどのような場合ですか?
示談が成立しなければ刑務所行きの可能性が高くなるケースにおいては、示談金が高くなる傾向があります。
なるほど。示談金を多めに払ってでも刑務所行きの可能性を減らしたいという心理があるわけですね。

示談は、当事者間で話し合いがまとまった場合に成立する。そのため、相場からかけ離れた金額で当事者が合意すれば、示談金が相場よりも高くても、法律的に有効な示談が成立することになる。

交通事故の加害者の場合は、トラブルの流れ次第で、示談金が相場よりも高くなるケースがある。

交通事故の加害者は、傷害・死亡事件の加害者であり、法律的には「刑事事件の被疑者・被告人」として取り扱われている関係で、示談の話し合いにおいても立場的に弱いことが多いからだ。

特に、死亡事故や危険運転のケースは、その後に刑事裁判が予定されているので、加害者は示談の話し合いにおいて弱い立場にある。

示談が成立した/成立しないで、刑事処分や刑事裁判の結果が変わることがあるということですよね?
そうです。刑事処罰を軽くするために、示談金を多めに支払う人がいるというのはイメージがつくところですね。

このように、示談金の金額は、損害賠償の額のみならず、被害者の処罰感情や加害者の処罰を免れたい感情によっても大きく左右される。

(まとめ表)
民事のみ 刑事+民事
損害賠償金 同一 同一
示談金 同一 高くなる傾向
※交通事故が刑事事件化している場合は、示談金の金額は高くなる傾向があります。

示談金を多めに支払うメリットは!?

裁判所で法的に認められる損害賠償金よりも多めに示談金を支払うことのメリットは何ですか?
示談金を多めに支払うことで、確実に示談を成立させ、嘆願書を取得できる可能性が高まります。
嘆願書を取得したい場合や、確実に示談を成立させたい場合は、示談金を多めに払うのも一つ、ということですね。

検察官や裁判所に提出するための嘆願書を取得したい場合や、諸々の事情により早く確実に示談を成立させたい場合は、あえて多めの示談金を支払うというのも一つの選択だ。

被害者から「加害者を許します」と書かれた嘆願書を取得することができれば、刑事手続において、加害者に有利に考慮される。

今回の事故がまだ捜査段階であれば、嘆願書の取得や示談の成立により、不起訴処分となり前科がつかない可能性が高まる。前科がつかないメリットは、その後の人生を考えれば大きなものがある。

また、交通事故が起訴されて刑事裁判になった段階であっても、嘆願書の取得や示談の成立により、執行猶予となり刑務所に入らずに済む可能性が高まる。交通刑務所での生活を思えば、あえて多めの示談金を支払うのも一つだろう。

(まとめ表)
嘆願書あり 嘆願書なし
捜査段階 不起訴の可能性が高まる 厳罰
裁判段階 執行猶予の可能性が高まる 厳罰
※示談金を多めに支払い、スムーズに示談が成立し、嘆願書の取得に成功すれば、不起訴や執行猶予になる可能性が高まります。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

交通事故加害者側のよくある相談

交通事故の加害者側でお悩みなら

無料相談から解決の流れ

交通事故は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話ください。 家族が逮捕中の方は相談無料です。

交通事故の解決は時間との勝負とよく言われます。それは、①交通事故を起こしてから刑事処分が決まるまでの期間はおよそ半年のケースが多く、この期間内に十分な弁護活動を尽くす必要があるからです。②また、時間が経過するほど、被害者の処罰感情が悪化するケースが多く、謝罪や賠償、示談の話し合いは早い段階から丁寧に進めていく必要があるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいことは間違いありません。起訴後よりも起訴前、検察庁呼出し後よりも呼出し前にご相談されることをお勧めします。そのほうが、私たち弁護士としても、より効果的で実効性のある解決策をご提案しやすいからです。

無料相談をご希望の方は、LINE無料相談のサービスをご利用ください。ご家族が逮捕されている方であれば、弁護士との対面相談も相談料は無料です。

法律相談においては、弁護士から交通事故の加害者側の立場に立った解決策の提案や回答を行います。これまで交通事故の加害者側の案件を数多く取り扱ってきたアトムであれば、通常の弁護士と比べて、より加害者の立場に寄り添った親身丁寧な対応が可能と考えております。

相談後は、ご依頼前に弁護士費用の見積もりを受け取ることができるため、費用対効果を考えながら慎重に弁護士選びを進めることができます。交通事故の加害者弁護に強いアトムなら24時間365日、専属のスタッフが相談ご予約の電話をお待ちしております。いつでもお気軽にお電話ください。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

交通事故加害者側のよくある相談

交通事故の加害者側でお悩みなら

無料相談から解決の流れ

交通事故は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話ください。 家族が逮捕中の方は相談無料です。

交通事故の解決は時間との勝負とよく言われます。それは、①交通事故を起こしてから刑事処分が決まるまでの期間はおよそ半年のケースが多く、この期間内に十分な弁護活動を尽くす必要があるからです。②また、時間が経過するほど、被害者の処罰感情が悪化するケースが多く、謝罪や賠償、示談の話し合いは早い段階から丁寧に進めていく必要があるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいことは間違いありません。起訴後よりも起訴前、検察庁呼出し後よりも呼出し前にご相談されることをお勧めします。そのほうが、私たち弁護士としても、より効果的で実効性のある解決策をご提案しやすいからです。

無料相談をご希望の方は、LINE無料相談のサービスをご利用ください。ご家族が逮捕されている方であれば、弁護士との対面相談も相談料は無料です。

法律相談においては、弁護士から交通事故の加害者側の立場に立った解決策の提案や回答を行います。これまで交通事故の加害者側の案件を数多く取り扱ってきたアトムであれば、通常の弁護士と比べて、より加害者の立場に寄り添った親身丁寧な対応が可能と考えております。

相談後は、ご依頼前に弁護士費用の見積もりを受け取ることができるため、費用対効果を考えながら慎重に弁護士選びを進めることができます。交通事故の加害者側を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属のスタッフが相談ご予約の電話をお待ちしております。いつでもお気軽にお電話ください。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

© 2015 - Takeshi Okano
アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)